読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

期間限定ユニット

育休中のジャニヲタが復職までの間、気ままに語ります

#ジャニヲタの夫 がMusic Station「勝利&健人 with ジャニーズJr.」を82回(※水増し)見た話

去る1月29日。

Music Stationで「総勢82名で舞台『ジャニーズワールド』を再現」として、「勝利&健人 with ジャニーズJr.」が出演しました。

その圧巻のパフォーマンスには、年明けから色々あって事務所に対して心がすさみがちだった多くのジャニヲタが魅了され、「ひどい事務所だけどやっぱりジャニーズ最高や!」となったのは記憶に新しいところ。

 

しかし、ジャニヲタ以外にもあのパフォーマンスに魅了された人間が身近に一人いました。

そう、「#ジャニヲタの夫」タグで一躍有名になった(なってない)、うちの夫です。

 

夫については、過去記事参照。

 

nanakatakori.hatenablog.com

nanakatakori.hatenablog.com

 

まあ過去記事は長いので三行で夫について説明すると、

  • 学生時代、ジャニーズのコンサートの運営アルバイトをしたことがきっかけでジャニーズに興味を持つ
  • 人物分析厨で、その人がどんな人間なのか推察したり、言語化するのが好き
  • 最近の関心事は日本のエンターテイメントの趨勢

という人で、あくまで自分自身がジャニヲタなのではなく、「ジャニヲタの夫」であると自認しています。

 

そんな夫にとって今一番ホットな素材、それが先日のMusic Station「勝利&健人 with ジャニーズJr.」です。

ジャニヲタのカリスマツイッタラあややさん(@hraom)のこちらのツイート

twitter.com

 よろしく、82回とは言わないまでも、今日まで30~40回は繰り返し見ていると思われます。

 

こんな感じです。

あまりに何回も見ているので、「82人一人一人に寄り添ってみてるの?」と聞いたら、「ほぼ京本大我に寄り添って見ている」と言われて噴きました。なぜだ。

 

そして、昨日になって夫は「ついに…ついに始めてしまった…一人一人に寄り添う作業を…!」と言いながら、コマ送りで私に見どころの解説をしてくれました。

今回の記事ではそれをまとめたいと思います。

(私も夫も未デビューのジャニーズJr.については全く詳しくないので、お名前等にミスがあったらすみません。ご指摘下さい。あと、名前のわからない子は特徴で呼んでます。)

 

1.一人一人に寄り添った作業の結果(順不同)

京本大我さん

 夫が最初に寄り添って見たのが、この方。

やはり「京本政樹の息子」というプロフィールがわかりやすかったそう。

「あの濃い父親の子が、爽やかにカッコつけているのが味わい深い」

「歌うまい」「最後の高音のスキャット京本大我に違いない(本当のところは不明)」

「最近の中高生は、もしかして京本大我を通して京本政樹を知るのか…?」「京本大我を通して京本政樹を知るのと、我々のように京本政樹を通して京本大我を知るのとではどちらが面白いだろう?」「やっぱり京本政樹の方が掘り下げ甲斐があるよな」「京本政樹沼」

 

田中樹さん 

こちらも「田中聖の弟」というプロフィールがわかりやすかったそう。

 

「ここで中島さんにジャケットを着せているのが樹!(私に説明してくれた)」「さほど年の変わらない中島さんのサポートに回るのか…(デビュー組と未デビュー組の差をひしひしと感じている)」

「顔を伏せてジャケット着せたかと思ったら、すぐさまダンス、いやー非常にジュニアっぽさが出てるね」

「ここでバスケットボールを回収したのが樹!」

「ジャケットの件といい、俺の中で『すげえ下積みを頑張っている献身的な奴』のイメージがついた」

「ちなみに樹が回収したバスケットボールはおそらくここで足に挟んでバク宙した奴が落としたやつな(巻き戻ししながら)」

 

ジェシーさん

 「安堂ロイド出てたから知ってる」「大学の体育会に所属していて、移動中制服のスーツ着てそう」「道で迷ったらこいつに道聞きたい」「こういう奴がグループに一人いるとわかりやすくていい。メンディーと同じ役割

 

森本慎太郎さん 

「俺がバイトしたNEWSのコンサート出てた!『森本兄弟!』って紹介されてた!」

「(wikiを見ながら)当時9歳と11歳か…うんうん、それくらいだった」

「顔変わったな…大きくなったな…」

親戚のオッサンか。

 

佐藤勝利さん 

佐藤さん(最初誰かと思った)紅白の分*1も懸命に太鼓叩いてるな」

 

中島健人さん 

私「このwoo hooのとこのKENTYかっこいいよね」

夫「こいつはいつもかっこいいだろ」

 

2.さすがに一人一人には寄り添いきれず、複数人単位で寄り添う作業をした結果

Hi Hi JET

  • 最初の方で、ローラースケートで転んでしまう子が、実は前列の後ろでもう1回転んでしまっている
  • 太鼓のスティックを最後落としてしまう
  • 最後の全員映るところで入り損ねたのか、向かって右側の立ち位置が1人分空いている

ここらへんのことをコマ送りしながら、教えてくれました。よく見てるな。

また、井上瑞稀さんが「夏の恋は虹色に輝く」に出演していたことを知って驚いたり、ずっと「誰かに似ている…」と考えた結果、サッカーJリーグ セレッソ大阪椋原健太選手に似ているのだと気付いてスッキリしたりしていました。

 

井上瑞稀さん

 

椋原健太選手

f:id:nanakatakori:20160205224220j:plain  

私も似ていると思う(どおりで好きな顔だと思った)んですが、ジャニーズって「全然似ていません!◯◯クンの方が断然かっこいいです!」勢の方が一定数いるので、ビクビクしながら書いています…。

個人の感想ですので、お許しを…。

 

あと、夫は橋本涼さんの指使いが気になったらしく、子供に対して真似しまくっています。もちろん0歳児はキョトンです。

 

Snow Man 

「すげえ身体能力高いことはわかったけど、全然アップにならないから個人が特定できない…(悔しそう)」

「2人、抜けてすげえ奴がいるんだよなあ。塚田とまではいかないけど。こいつ多分ひねれるよ」

とりあえず、バスケットボールを足で挟んでバク宙するシーンを何度も見ています。

 

Mr.King

「Snow Manが大体大学卒業してすぐくらいの年代で、Mr.KINGは大学生年代なんだけど(夫は学年厨)、このバスケットボールを足で挟んでバク宙するところで平野さんが『うちの若いのやりまっせ!』みたいな感じで盛り上げてるの面白いな」

 

SixTONES 

「SixTONESはなんかデビューしてほしいなあ。個人的に」

 

 3.全体の演出、カメラワーク等について

「1曲目と2曲目の間で、佐藤さんと中島さんがアップになっている間に、後ろの黄色い服着たジュニアがみんな捌けてる。この間6秒!」

「2曲目の頭で、橋本・井上がアップになっている間に、後ろに旗持ってるジュニアがスタンバイしている。この間も6秒!」

「佐藤さんが太鼓に向かうシーン、本当はもっと早く中島さんにカメラが寄れば、佐藤さんの移動シーンが映らなくて済んだんじゃないか。ここまで完璧に転換を見せないようにしてきたからカメラのミスじゃないかなあ」

「相当現場はガチャガチャしてたんじゃないか。生でモニター見ながら見てみたい」

「太鼓でクルクル回るとこあるじゃん?これ人数奇数だから、一番右の奴余るから一人で回ってる」

「最後いいよねえ。階段使う感じが宝塚みたい」

 

4.総括

 「今はエンターテイメントが『現場主義』なんだよ。だから例えばEXILEも人数を増やしてライブをいかに魅せるか、を追及しているわけで。その時代で『ジャニーズはどうするか、こうするよ』っていうのをやってきた感じ」

「ジャニーズってビジュアルのいい奴が歌って踊って、っていうのがベースだけど、そこにバトンやバスケットボールや太鼓をあのクオリティで、まるでおまけみたいにやってるのすげえよな」

 「出てるジュニアのユニットのwiki全部見たんだけど、もう大学生年代だったり、卒業してるくらいの年代だったりするのな。その頃嵐は…、ってすぐ考えてしまう。Mr.Kingで一番年下の高橋海人が今年高校2年生世代だけど、同じ歳で松本潤はもうデビューしていたわけで」

「上が詰まってるってことなのかな」

「それなのに年功序列じゃないっていうな」

「ジャニーズって大変だな…」

 

5.夫の疑問 

「あのバレエの奴はなんなんだ?!バレエダンサーなの?ジュニアなの?誰なの?」

「最後、松村・森本・田中・髙地が太鼓やってて、階段上にジェシーと京本がいて、最初SixTONES数が合わないと思ったんだけど、階段上に違う奴混じってるよな?誰?」

 

 

ということで、五月雨に書いてまいりましたが、ようやく終わります。

もう次の週のMステも終わっちゃったよ!

 

私が「こんなに何回も見るんだったら、もっといい画質で録画すればよかったね」と言ったら、「そもそも慌てて録画スイッチ押したのは俺だから!こういうのはちゃんとチェックしておいてよ!頼むよ!家事だよ?!」と怒られたのでありました。*2

*1:2014年の紅白でおそらく中島健人さんのミスによりマリウス葉さんが太鼓からあぶれかけたが、佐藤勝利さんが機転を利かせたシーン。夫はあのシーンが大好きで何度も見ていた。また、中島健人さんについても「やっちまったって思ったはずなのに、そのあとの振り切れた『セクシーサンキュー!』な!できる!」と非常に注目していた。

*2:先日「亀田音楽専門学校」の第4回録画し忘れたときにも同じように怒られた